ACESが小学館スペリオール連載漫画『トリリオンゲーム』に作画資料協力しました
見出し画像

ACESが小学館スペリオール連載漫画『トリリオンゲーム』に作画資料協力しました

こんにちは、株式会社ACESの久野(@nokuuun)です。

この度、ACESが小学館スペリオールに連載中の『トリリオンゲーム』に作画資料協力を行いました。9月10日に発売されたスペリオール19号(18話掲載)に、ACESのオフィスの一部をモデルにしたシーンが登場しています!
※以下一部18話のネタバレが含まれるので、ネタバレしたくない方は下記5行は読み飛ばしてください。

『トリリオンゲーム』はスタートアップを題材とした作品。
主人公の天王寺陽(ハル)と、平学(ガク)はAIをウリにした花のオンラインショップを運営しているものの、実際はAIではなく人力の状態です。18話では、紆余曲折ありサイトの売却が決まったため主人公たちは本物のAIを導入する、という展開でストーリーが進みます。

今回、小学館の編集者の方から「AIスタートアップのオフィスに何が置いてあるのか、働いている方の服装や雰囲気はどうか、漫画家さんのイメージを膨らませたい」というご依頼があり、作画協力に至りました。

ちなみにACESは作中の「ハッタリAI」ではなく「ホンモノのAI会社」の作画モデルとしての登場だったので安心しました。笑

第5話まで以下のリンクから無料で読めるとのことです。

せっかく弊社のオフィスに注目いただいたので、トリリオンゲームに掲載されていないACESオフィスの様子も以下にご紹介します!

画像1

まずはACESの受付から。ご来社いただいた方は、備え付けのiPadから来館情報をご入力いただいています!

画像7

ちなみに受付の背後の壁にはACESのミッションとバリューが描かれています!もともとは真っ白の壁だったのですが、ロゴリニューアルをご担当頂いていたCIAL Inc.の皆さんにミッション・バリュー浸透の一環としてデザインいただきました。

画像2

続いてリラックススペース。みんなでお昼ごはんを食べたり、足を伸ばしながら作業をしたい時に使っています。ソファーやテーブルは自由に移動可能なので、社内のイベントにもよく使われます!

画像5

リラックススペース以外のまったりスペースとしてはYogiboが人気です。身体に合わせて包み込んでくれるので仮眠場所としても最適です(-_-)zzz

スクリーンショット 2021-09-13 12.05.32

会議、作業風景はこんな感じ。AIベンチャーといえど、オフィス内はいわゆるIT系の会社と大きな違いはあまり感じないかもしれません。そこで最後に番外編としてモーションキャプチャの撮影の様子を紹介します!

画像7

モーションキャプチャとは人やモノの3次元の動きをデジタルデータにする技術のことです。残念ながらオフィスにはこの設備がないので、専用のスタジオで撮影し、得られたデータをもとに3次元姿勢推定モデルの開発に役立てています!

画像6

ACESでは積極的に採用を行っています!

ACESでは、積極的に採用を行っています。ACESに興味をもっていただいた方がいらっしゃいましたら、お気軽にご連絡下さい!

会社紹介資料はこちら↓

ACESのリクルートページはこちら↓

▼特に募集中のポジション
自社開発AIソフトウェアの開発を担うフロントエンドエンジニア
商談のデジタル化を実現するプロダクトの自然言語処理/音声認識エンジニア
画像・映像認識アルゴリズムを用いたSaaSプロダクトをグロースさせるプロダクトマネージャー
最先端AI技術でリアル産業のDXを進める機械学習エンジニア・プロジェクトマネージャー
リアル産業現場をDX 経営戦略を立案するBizDev










この記事が参加している募集

オープン社内報

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
株式会社ACES(https://acesinc.co.jp/ )のNoteアカウントです。