マガジンのカバー画像

ACES公式マガジン

57
株式会社ACES(https://acesinc.co.jp/)が公式に運営するマガジンです。 Podcast(https://anchor.fm/acesinc) エンジニア… もっと読む
運営しているクリエイター

#機械学習

アルゴリズム開発の舞台裏、 開発を支えるパッケージ戦略とは

こんにちは、ACESの久野(@nokuuun)です。ACESのメンバーの”声”を伝えるPodcast『Voice of …

7か月前

「AI技術がコモディティ化している」はウソ?~研究者が企業で活躍するためにこれから…

0. 自己紹介皆さんこんにちは、株式会社ACESの代表の田村(@7142857)です。簡単に自己紹介させ…

リアル産業に対するAI/DX事業のスケーラビリティ戦略の考察@ACES

0. はじめに皆さんこんにちは、ACESの田村です。 先週、先々週と、DXの時代でAIビジネスはど…

DX時代のAIビジネスモデル@ACES

0. はじめに皆さんこんにちは、ACESの田村です。 先週は、AIビジネスの主戦場と、ACESの立ち…

【DX?SaaS?】AIビジネスの主戦場の理解とACESの立ち位置

皆さんこんにちは、ACESの田村です。 今回は、ACESのビジネスとその戦略について説明していき…

ACESが認識する10年の不可逆的トレンド

0. はじめに皆さんこんにちは、ACESの田村です。 2020年はCOVID-19という新たなる脅威が発生…

【CVPR'19 / ICCV'19】3D Human Pose Estimationの最新研究動向まとめ

はじめにPose Estimationとは、画像や動画から人物の姿勢(関節位置)を推定するタスクのことです。特殊なマーカーを身に着けたりせずに、一般的な動画像のみから人物の姿勢を推定できるため、例えば  ・スポーツにおける選手のフォーム分析  ・映画やアニメの制作におけるモーションキャプチャ  ・店舗の監視カメラ映像を元にした人物の行動解析 など、様々なアプリケーションが考えられます。 従来は画像上の関節位置のXY座標のみを推定する2D Pose Estimationの研究

スキ
72

AWS Lambda+API Gatewayでディープラーニングモデルを簡易AP…

はじめにディープラーニングモデルを作成した後、できるだけ簡単にAPIとして利用できる形にし…

3年前

物体認識モデルYOLOv3に完全勝利したM2Detの紹介

はじめに一般物体認識はここ数年で大きな進化を遂げました。その中でも実用的に使いやすい&よ…

3年前

一般物体認識YOLOv3のモデル構造

はじめに一般物体認識とは、画像中の物体の位置を検出し、その物体の名前を予測するタスクにな…

3年前

異常検知とGANのまとめ(ベースとなっている論文のおさらい)

異常検知において用いられるGANの論文のうち,メジャーどころの(研究においてベースになるだろ…

Deep Learningによる一般物体認識の手法の把握と実利用のためのまとめ

目次・一般物体認識とは ・モデルの性能を知るための評価指標  ・IoUの閾値     ・precisio…

3年前

「AI・データの利用に関する契約ガイドライン」まとめ

こんにちは、よじまるです。 経産省から出されたAI・データの利用に関する契約ガイドラインが…

3年前

AI契約における交渉ポイントと留意点

こんにちは、よじまるです。 経産省から出された「AI・データの利用に関する契約ガイドライン」がとても有用だということで、解説記事を書いています。 解説記事は以下のマガジンにまとめています。 概要はこちら。 今回の記事では第4章より、 AI契約における交渉のポイントとなる事項について解説します。 どのような部分に交渉ポイントがあり、どの点に留意するべきなのかをおさえることはとても重要なので、この記事は解説記事まとめの中でもとても重要です。 目次 1. 交渉のポイ

スキ
11